タオルの選び方

サイズで選ぶ

  • バスタオル
    120×60cmが一般的なサイズ。
    …お風呂上がりに身体を拭くための大きめのタオル
    フェイスサイズ
    80×34cmが一般的なサイズ。
    …洗面所で使うタオル。顔拭きや手ふきに使用できる大きさ。
    スポーツタオル
    20〜40×100〜130cm
    …フェイスタオルを首や肩に掛けられる長さにしたタオル。
    ハンドタオル
    34×35cmが一般的なサイズ。
    …手や顔を拭くのにも使用できる小ぶりのタオル。
    タオルハンカチ
    20~30cmの正方形
    …正方形のコンパクトサイズ。
  • 浴用タオル
    33.5〜35.5×85cm〜
    …背中を洗う時左右を持って背中にまわせる長さのタオル。
    ウォッシュタオル(ゲストタオル)
    33〜35×33〜40cm
    …欧米では入浴時に使うものですが、日本では来客者のおもてなし用のタオルとして出回っている多目的なタオルです。
    おしぼりタオル
    28〜30cmの正方形
    …両手の平より一回り大きいサイズ。日本古来の風習からお手拭きや夏場の汗拭きとして使用されてきました。最近ではキッチンタオルとして使用されるものが普及しています。

風合いで選ぶ

自分好みの風合いを見つけるには実際に使ってみることが一番の近道ですが、選ぶ目安をいくつかご紹介します。

1.織りの種類

両面パイル
糸をループ状に織ったもの。一般的なタオルに最も多いです。吸水・保湿性に優れています。
ループの長短、硬い柔らかい、ループを寝かせる、立たせるなど織りや糸によって様々な肌触りが楽しめます。
ループがある分使われる糸が多いので、ガーゼタオルよりも比較的重く、乾くのに時間がかかります。毎日使うなら速乾性に優れた糸を使ったものや、織り目があまり込んでいない軽いものを選ぶことをおすすめします。
また、ループがひっかかって伸びてしまった場合は、糸を引っ張らずに根元をカットするとそれ以上ほつれません。
ガーゼタオル
やわらわかくて肌触りがよく、デリケートなお肌にも適しているので、赤ちゃん用品などに使われることも多いです。
薄く、かさばらないので旅行などに最適です。やわらかいのに吸水性に優れ、さらに乾きやすいので室内干しなどをする方におすすめです。両面パイルに比べると保湿性は少なく、ご家族全員で使うなら複数枚で使い回すことをおすすめします。
無撚糸
洗い加工で糸を撚りのない状態に戻したタオル。ふんわりと柔らかく、やさしい肌触りです。
吸水・保湿性にも優れています。
使い始めは毛羽が出やすく、デリケートなタオルなので洗濯時はネットに入れて洗ってあげてください。
シャーリング(カットパイル)
ループの先端をカットし、毛足を均一にカットしたものです。比較的毛足が短く、光沢のある色合いとビロードのような滑らかな肌触りが特徴。プリント柄のタオルにも多く用いられる手法です。
パイルと比べると若干吸水力が弱いですが、繊維のループがないので、ひっかかりがなく生地が痛みにくいです。

糸について

「綿」といっても、インド綿、エジプト綿、アメリカンコットン、オーガニックコットンなどその種類は世界中にたくさんあり、産地や育て方によってもかなり風合いが異なります。
繊維の長さ、太さ、弾力、光沢...綿にも様々な特徴があるなかで、綿を吟味しブレンドすることによって糸に特性を持たせていきます。高い価値のある綿だけを使用したものが必ずしも一番いいものとは限りません。
  • 糸の撚り
    糸は複数の繊維をねじるように撚り合わせて作ります。撚りがないと繊維がバラバラになり織物の生地にすることはできません。
    撚りが少ないと柔らかくふんわりした手触りになり、撚りが多いと硬くしっかりとした手触りになります。
  • 糸の太さ
    糸の太さは「番手」という単位で表され、細いものほど数字が大きく、太いものほど数字が小さくなります。
    一般的にタオルの糸は60~15番手とワイシャツ等に比べると太い糸が使われています。
    太番手の糸を使うと弾力がありボリューミーなタオルになり、細番手の糸を使うと柔らかな肌触りになります。
  • 綿繊維の長さ
    店頭で「超長綿スーピマコットン使用」といった表記を見たことはないでしょうか?
    綿は繊維が長いほど細くてしなやかな糸を紡ぐことができます。
    その中でも繊維長が33.3mm以上の超長綿は、地球上でも限られた地域でしか栽培できず、その生産量は綿花全体のわずか5%にすぎません。インドの「スピン」、アメリカの「スーピマ」、エジプトの「ギザ 45、ギザ 70、ギザ 88」などが有名です。良質な超長綿は甘撚りでも毛羽が出にくく、やわらかで丈夫なタオルを織ることができます。


pagetop